MENU

寝姿勢について

目覚めが変わる!理想の寝姿勢

間違った寝姿勢が、体に負担をかけ腰痛やコリ、手足のしびれの原因を作ることもあるそうです。。そんな悩みでお困りの方には改善するには敷きふとんを見直すことも効果的かも!?

当店には整形外科博士おすすめの敷き布団もございます。理想的な敷き布団で理想的な寝姿勢と体圧分散ができると、朝の目覚めが変わりますよ。

 

理想の寝姿勢とは

人間の体は、横たわるとおしりが重く足や頭が軽いので、平らな上に寝ると背骨が自然なS字になりません。自然な寝姿勢とは、立った状態と同じ姿勢。この姿勢で眠ることができれば、体のすみずみまでリラックスした状態になります。

寝たときの体重分布

敷きふとんにかかる体重のバランスには、こんなに差があります。
「暮らしの中の人間工学」小原次郎 著より

 

寝姿勢は敷きふとんがつくる

あなたの敷きふとんは、背骨を自然なS字にしてくれますか?敷きふとんが体の曲線に沿って体重を支えてくれないと、背骨は自然なS字を描けません。

やわらかすぎる敷きふとんは当然この機能が劣っていますし、そうかといって固すぎるふとんも部分的に強い圧迫が生まれて、血行を妨げてしまうのでおすすめできません。

腰痛の方が腰によいと言われたからと言って、固い敷きふとんをお求めに来られる事が良くあります。固い敷きふとんの場合仰向き寝をすると腰の部分に隙間が生まれ寝姿勢に無理がかかるので辛くなり無意識のうちに寝返りを打ち横向きになるのです。この場合横向きになることで腰への負担が減り、腰痛の方には効果的にはなりますが、肩や骨盤への負担はかえって増えます。

つまり腰には良くても眠りの質としては決して良いとは言えない状態なのです。

理想の寝姿勢羊毛固綿敷きふとん整圧敷きふとん

直立の時と同じような自然なS字の背骨を描くような寝姿勢 が理想の寝姿勢です。

特にお尻の部分に高負荷な体圧がかかります。

ほぼ均等な体圧を再現してくれる敷きふとんが 寝やすい敷きふとんです。

 

悩み解消。理想の敷きふとん

東洋医学で古来から伝わる体に負担のかからない寝方が「横向き寝」です。内蔵の重さも考えられており、睡眠時無呼吸症候群の方にも楽な姿勢です。
当店でおすすめしている理想の敷きふとんは西川産業さまから発売されている「整圧敷きふとん」です。

理想の寝姿勢をつくるためには、重さの違う体の各部を均等に支えて、体の一部だけに圧力がかからないようにすることがポイント。この「からだにかかる圧力を整える」ためにつくられたのが「整圧敷きふとん」なのです。

背骨の自然なS字を支え理想の寝姿勢をつくります。また血行もさまたげません。

ご使用になる方の体重や体型に合わせられるよう硬さも色々ございます。

この敷きふとんは全国の東京西川チェーン店で購入できる商品です。店頭で寝試しして選んでいただきたくネット販売はしておりません。

深谷店
富田屋深谷店
〒366-0052
埼玉県深谷市上柴町西4-17-8
048-571-0771
水曜定休日
営業時間9:30〜18:00
本庄店
富田屋本庄店
〒367-0041
埼玉県本庄市けや木3-21-19
0495-71-7844
水曜定休日
営業時間10:00〜19:00